当院の検査

内視鏡

ph:inspect01 ph:inspect02

経鼻内視鏡、経口内視鏡、大腸内視鏡ポリープ切除術。

ピロリ菌の検査法
1.尿素呼気試験法
2.迅速ウレアーゼ法

FCR

デジタルX線画像診断システム

腹部超音波・頸動脈IMT測定

腹部超音波検査は、 主に腹部の肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・腎臓を観察する検査です。これらの臓器以外にも胃腸・大動脈・子宮・卵巣・前立腺・膀胱など腹部の臓器は一通り観察できます。かなり細かい病気を見つけることができます。超音波の反射波を画像にするので、放射線のような身体に対する影響は全くなく、診断能力の高い、安全かつ有用な検査です。頚動脈は、外膜・中膜・内膜の3層よりなっています。動脈硬化の診断は、血管の内膜と中膜を合わせた厚み(IMT)測定とプラークの有無で行います。これに、ドップラー法を追加すると、頚動脈内を流れる血流を直接観察できて、血流速度の計測も可能です、同時に椎骨動脈も観察できます。

骨密度測定

ワークステーションのバージョン・アップがありましたので骨粗しょう症の検査が可能になりました。・・・骨密度測定装置にもいろいろな種類がありますが、医療機関や市町村の保健センター・保健所などで用いている骨密度測定装置は科学的に正確なものといえます。ただし、体や足、手の位置により2~3%は違ってくることがありますが、これはいろいろな医療機器の機能の限界です。従って、測定値だけでその人の骨の強さを最終的に決定するものではなく、その人の生活様態、体の具合などを見て、医師や医療・保健関係者が総合的に判断して助言することが一般的です。

CT・MRI

CT・MRIの検査は渓和会江別病院(放射線科医)に依頼しております。
渓和会江別病院ホームページ


Copyright© 2014 医療法人社団 森野会 緑苑クリニック. All Rights Reserved.